イベントレポート

が主催・参加したセミナーやイベント等のレポート

「英語教員向けTOEFL iBT® テスト教授法ワークショップ(東京・神戸)」開催報告
ETS Propell® Workshop for the TOEFL iBT® Test(Tokyo, Kobe)


国際教育交換協議会()日本代表部
TOEFL事業部

3年目を迎えたワークショップ

このワークショップは、2011年9月にTOEFL iBT® テスト実施、主催団体であるEducational Testing Service(ETS)から、テスト開発に携わるValerie Becker(ヴァレリー・ベッカー)氏を招き、英語教員を対象に開催(東京・京都・大阪)したのが最初になります。2年目の昨年は、ETS Authorized Propell TrainerとしてETSより公認を受けた五十峰聖先生、川手ミヤジェイエフスカ恩先生を講師として、札幌・福岡・名古屋・東京にて開催しました。過去2年間で約180名の英語教員・英語教育関係者の皆様に参加いただきました。

今年度は、『大学入試におけるTOEFL®テスト等の活用』や『国家公務員試験へのTOEFLテストの利用』などが謳われる中、9月22日(日)に東京、28日(土)に神戸で昨年に引続き五十峰聖先生を講師として開催することとなり、これまで以上に多くの参加希望がありました。

両日のワークショップは午前9時半から午後5時まで行われ、22日の東京会場には42名、28日の神戸会場には29名の方に参加いただきました。

新たな試み

昨年度との違いは、申込者には事前に当日使用するETS作成Kitを送付し、TOEFL iBTテスト概要・4セクション毎の学習目的等の部分は読んでくるように促しました。これは参加者にTOEFL iBTテストに対する基本的知識をもったうえで当日を迎えることにより、例年以上に中身の詰まったワークショップにしようと考えたからです。

事前にKitを送付することにより当日持参を忘れてしまうのではと思いましたが、誰ひとり忘れることなく、またKit内に下線や付箋を貼って参加している方も見受けられ、ワークショップへの関心だけではなく、それ以上の熱意を感じることができました。

また、このワークショップの大きな特徴は、随所に参加者、講師全員参加のアクティビティが盛り込まれているところです。これらのアクティビティはもちろん、参加者(教員)向けのみでなく、英語学習者(生徒)が主体となり行動し、楽しみながら英語学習への意欲を高めるためのもので、教員に体験していただき、現場の教室で活用していただく目的で実施しています。

「場」の提供

最初に講師である五十峰先生が自己紹介をした後、参加者全員に口頭にて 『I have taken the TOEFL iBT test.』『I have been teaching for more than 10 years.』『I teach high school students.』『I have been to the United States.』『I am going to take a vacation soon』等投げかけ、当てはまる項目ごとに挙手してもらい、和やかな雰囲気を作ったうえで、本題に入っていきました。

雰囲気を作った後に、更にTOEFL iBTテストの各セクション(Reading、Listening、Speaking、Writing)に対して事前に会場内に貼られた模造紙に、セクションごとの質問(Questions)やお勧めの勉強法・指導法等(Tips)を参加者にマジックペンにて記入していただきました。その内容に対して、ワークショップを通して適宜講師がコメントをしていくことで、参加者のTOEFL iBTテストへの理解が一層深まったように思われます。

また今年は、『Questions』や『Tips』だけではなく、『Good Resources』という模造紙を用意し、参加した英語教員自身が役に立っているリソースを紹介・共有することで新しい発見や方向性の確認などができる場を提供できたと実感しました。

Speaking/Writing 採点基準

このワークショップの目玉であり、初年度より一貫して取り扱っているSpeakingおよびWritingセクションについては、採点方法について詳しく説明した後に、ETSが設定・公表している採点基準(*1)をベースに、実際にサンプル解答の採点を行う(グループや、ペアで相談させたうえ)という非常に実践的な方法が用いられました。参加者は、サンプルの解答に対して行った自身の採点とETSの採点の違いに驚いたり、共鳴したり、毎回盛り上がる時間帯となっています。

「英語教員向けTOEFL iBT®教授法ワークショップ(東京・神戸)」【東京会場の様子/ 参加者が記入したWriting Tips】 「英語教員向けTOEFL iBT®教授法ワークショップ(東京・神戸)」【東京会場の様子/ 参加者が記入したWriting Tips】

 

【東京会場の様子/参加者が記入したWriting Tips】

 

「英語教員向けTOEFL iBT®教授法ワークショップ(東京・神戸)」【昨年に引続き講師を務めた五十峰聖先生】 「英語教員向けTOEFL iBT®教授法ワークショップ(東京・神戸)」【昨年に引続き講師を務めた五十峰聖先生】

 

【昨年に引続き講師を務めた五十峰聖先生】

 

最後に

アンケートには、「SpeakingとWritingの採点基準が非常によく分かった。」「教鞭をとっている学校は違っても教員同士で意見交換でき非常によかった。」「実施回数をもっと増やしてほしい。」など、参加者の方からは好評な意見を多く頂戴しました。


「英語教員向けTOEFL iBT®教授法ワークショップ(東京・神戸)」【神戸会場の様子】 「英語教員向けTOEFL iBT®教授法ワークショップ(東京・神戸)」【神戸会場の様子】

 

【神戸会場の様子】

本年度は11月17日(日)に沖縄での開催(*2)が予定されています。
このワークショップにご関心をいただきましたら是非、参加してみてください。TOEFL事業部一同皆様のご参加、お待ちしております。


 

*1 TOEFL iBT® Speaking Scoring Guide
   TOEFL iBT® Writing Scoring Guide

*2 英語教員向けTOEFL iBT® テスト教授法ワークショップ

上記は掲載時の情報です。予めご了承ください。最新情報は関連のWebページよりご確認ください。